司法書士の資格取得を目指す〜独学でマイペースに〜

勉強

司法書士を目指す

独学で勉強する時に工夫する事

勉強

司法書士というのは、試験が難関で有名です。現に合格率というのは10%をきっている事が多く、それだけ少人数しか毎回合格できないということになります。 そこで、独学で勉強する時には工夫が必要になってきます。まずは実際に独学で合格している人からアドバイスをもらう事が大事です。どの参考書を購入したら効率よく勉強できるのかなど試験勉強に活用できる事を聞きます。 身近にいなかった場合は、インターネットで司法書士の人がブログやサイトを開設している事があります。 そこには、時々試験について有益な情報が記載されていることもありますので、しっかりと読むようにします。 このように、実際に試験を受けて合格した人からアドバイスをもらう事は独学において重要です。

試験勉強の取り組みについて

司法書士というのは、法律関係の資格試験の中でもかなり難易度が高い分類に入ります。 独学でも可能ですけど、難易度が難しい分、独学だけでやっていくよりも他の勉強方法も一緒にやっていく必要があります。 そこで、あるのが司法書士試験の通信講座やスクールになってきます。特にスクールでは、専門の先生がきっちり教えてくれますので、頭に学んだことが入りやすいです。 また、先生が近くにいますので、いつでも分からない部分については質問をする事ができます。つまり分からない部分がすぐに解決します。 このように、独学だけでは難しい試験になってきます。 通信講座やスクールなどをうまく活用して、合格率を上げる事が必要になってくるのです。